ムダ毛の処理をするとき、あなたならどんな方法を選びますか。
剃るだけだと何度もお手入れが必要になるし、ムダ毛が更に濃くなりそうで嫌だと感じている方も多いと思います。
では、発想を変えてムダ毛を薄くするという方法を考えてみてはいかがでしょうか。
ムダ毛を薄くするという方法とは、脱色クリームやローションを使用して生えている毛を脱色して肌に近い色に近づけることで、
ムダ毛を見えにくくするというお手入れ方法や、
処理をした後に抑毛クリームなどをぬることで徐々にムダ毛の量を減らしお手入れの回数を少なくしていく方法のことです。
メリットは、毛を抜くときのように痛みが伴わないので肌に優しいことがあげられます。
お子さんなどがムダ毛処理をするときの方法としてもおすすめです。
これらの方法によく使用されるローションやクリームには必ずといっていいほどイソフラボンという成分が含まれています。
イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きがあると言われています。
そもそもムダ毛が生えてくる原因は、体内にある男性ホルモンの影響によるものだと言われています。
毛が生えてくる毛根部分は特に男性ホルモンからの影響を受けやすいからです。
そこへ、イソフラボンをつけることで、男性ホルモンからの作用を弱める効果を発揮してくれます。
時間はゆっくりとかかってしまいますが、毛の色が徐々に皮膚の色に近くなり目立ちにくく、生えてくる毛も徐々に細くなり毛量自体がグンと減ったような印象を得られるでしょう。
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »